自己破産とは

自己破産とは

自己破産とは借金人間の立場から債権人間に対して破産の反論を行って、司法の力を借りて借金を取り消しにする戦略になります。

 

借金をなくすというと、貸し手からすると非常に許しか辛い方法ではありますが、借主からすると多額の借金で弁済の予知がなくて追い詰められてしまっているクライアントもいるのが現実です。

 

こんな弁済不可能借金弁済のためにあるのが自己破産という債務整理の戦略になります。

 

債務整理で任意整理や個人再生などを使って返済可能な場合はいいですが、これらの債務整理方法を使っても借金の弁済が困難な場合には、借金を取り消しにすることができる自己破産という領域があります。

 

つまり多額な借金を負った人物に再出発の時期を与える目的でルールが認めた最終的な手助け施策が自己破産です。

 

自己破産が認められるのは簡単じゃない

自己破産は非常にキツイ債務整理戦略ですが、簡単に認められるわけではないです。

 

自己破産が簡単に認められてしまったら貸金業者は困ってしまいますし、借金が簡単に取り消しになったらモラル後も障碍になります。

 

自己破産が認められるにはいくつかの要件があります。

 

・破産申立てた借金人間自身がどの程度反省しているか。
・自己破産を借金から逃れるための安易な戦略だと思っていないか。
・財貨を隠してないか等

 

自己破産は司法も関わって行われる債務整理の手続き戦略なので、手続きには間隔がかかってしまいます。

 

二度と自己破産の反論から、正に借金が回避される「免責許可見極め」が出るまでには多くの記録を提出する必要があり、司法への出頭も必要になってきます。

 

スムーズに手続きを行うためには、弁護士の力を借りて申立て手続きをすることが大事になってきます。