個人再生のメリットとデメリット

個人再生のメリットとデメリット

個人再生のメリットとデメリットを知ることは債務整理を行う際に非常にポイントになります。債務整理の方法の一環として個人再生をレンジの一環として知っておくことが大事になってきます。

 

・巨額財を手放す必要はない
個人再生の場合は、自己破産とは異なって持ち家や車などの巨額財を処分しない形で借金を整理することがオーケーです。ただその財を処分したら債権ヒトに分担されるであろう額よりも多くの額を支払う必要があります。

 

・自己破産のように免許制限がない
自己破産の場合だと一定期間、特定の稼業に就けないというような免許制限がありますが、個人再生の場合だとそういった稼業要求はないです。

 

・借金の理由は問われない
借金の理由は人によってFXやギャンブルなど色々ありますが、自己破産の場合だと、こういったギャンブルやFXが意味による借金は認められないことが多いです。ただ個人再生の場合だとこういった借金の意味を問われることなく手続きを進めることができます。

 

・押さえや競り市の取り消しが可能になる
個人再生を申立てた場合に、債権ヒトはもう差し押さえた資産に対して、強要執行や民事メンテ処分の失効ができなくすることが可能です。

 

こうして見ると個人再生には大きなメリットがあるように感じますが、個人再生にはデメリットはないのでしょうか。以下から個人再生の具体的なデメリットも載せているので参考にしてください。

 

個人再生のデメリットとは

個人再生を行う場合にメリットを理解する事は大事ですが、グングンデメリットも理解することも大事になってきます。

 

個人再生の場合は他の債務整理の技術よりも手続きに時間がかかる場合が多いです。個人再生は自分で手続きすることも可能ですが、ただでさえ手続きに時間がかかるので弁護士などに任せたほうが無難です。

 

ただ個人再生は手続きに時間がかかるので、その分弁護士値段などが相当高めになるというデメリットがあります。

 

メリットの多い個人再生ですが、費用が高額になるのはやっかいですね。個人再生は今ではさほど行っているヒューマンが乏しい債務整理技術ですが、メリットも多いので、他の債務整理技術と合わせて検討して見てはどうでしょうか。